現在コバヤシホームでは、「陽と光と風を贅沢に取り入れた家づくり」をテーマとして、オーナー様の快適で省エネな家づくりをサポートさせていただいております。

蒲郡豊川の注文住宅でパッシブデザインを広めたい。
蒲郡の工務店として新築される方にパッシブデザインをパッシブデザインをしっかりと伝えたい・・・
KOZEN-STYLEがパッシブデザインに出会って丸2年になります。
その前からパッシブデザインという言葉はきいたことがありましたが、自分たち工務店にはあまり関係がない。
正直、設計事務所さんが作る家づくりなんだろうなと思っていたのを今でも覚えています。

あのとき、勘違いのまま終わらなくてよかった。本当に強く思います。

それまでは経験や勘に頼った家づくりをしていました。
さらに性能面に関してもメーカーさんが発表している数値を使っているからこの家は優れていますとまで言っていた気がします。
「快適性」「ここちよさ」というキーワードは皆無に近い状態でしたね。
あるとすればエアコンに頼った生活を進めていたのかもしれません・・・

現在2017年でもまだまだ、「快適性」「ここちよさ」というものを具体的に言える会社は少ないように思います。

パッシブデザインという言葉は最近頻繁に使われるようになってきました。

パッシブデザイン=家の基本性能。
注目されていますが、家づくりには欠かせないものだと考えています。
決して特別ものではなく、現代の家づくりに取り入れるべき設計手法なんだと思います。
だからこそ、しっかりと理解することが大切だと感じていますし、そんな家づくりをオーナー様にご提供できることが誇りだとも思っています。
pasudecキャプチャ

今回パッシブデザイン協議会から全国で6番目、そして「三河エリア初」のパッシブデザイン事業者認証をいただきました。
正しい家の基本性能を設計することで、冬は「陽」、夏は「風」そして通年で「光」を得ることができ、小さなエネルギーで四季を通じて心地よい住まいにすることができます。
ぜひ自然と向き合った家づくりを始めてみませんか。

↓パッシブデザイン協議会FACEBOOKより
キャプチnjbjbjャ

快適安全な住まいをどのようにしたら実現できるのかを知りたい方はこちら