豊川・蒲郡の
新築注文住宅

パッシブデザインを用いた
快適な住まいづくり

家づくりを考えた時にデザインや間取りも重要ですが、その後の生活のことを考えると「快適性」というのも重要になります。
よく言う言葉ですが「夏は涼しく、冬は暖かく」そういった家づくりができたら最高だと思いませんか?
そんな家のデザインや快適性をお考えの方はぜひコバヤシホームにご相談ください。

土地探しや資金繰りの相談はもちろん、パッシブデザインを用いたデザイン・快適性に富んだ家づくりをご提案させていただきます。
ただ家づくりをするだけでなく、その後10年20年先を見た家づくりをすることによって、完成した時の喜びのみならず、住んでみて初めてわかる快適性も感じていただくことができます。

蒲郡、豊川、豊橋周辺で新築・注文住宅・二世帯住宅などの工務店をお探しの方はぜひコバヤシホームにご相談ください。
あなたの家づくりをトータルでお手伝いさせていただきます。

暮らしのデザイン

コバヤシホームが家づくりに関してどのような考えで施工にあたっているのか、家づくりは大きな買い物ですのでできるだけ慎重に進めていきたいと考える方も多いと思います。少しでもコバヤシホームを知っていただけるきっかけになれば幸いです。

詳細はこちら
パッシブデザイン

お客様から好評のデザイン性と快適性を考えたコバヤシホームの「パッシブデザイン」。機械に頼って快適性を実現するのではなく、太陽や風などの周辺環境を取り入れて作り上げる建物全体の快適性です。どういった工法なのかぜひ知っていただければと思います。

詳細はこちら
耐震構法SE構法

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げます。昨今注目されつつある構法を用いお客様の家づくりに安心と安全をプラス。コバヤシホームの家づくりはデザイン性と機能性を兼ね備えた地震に負けない強さと木造の美しさを両立します。

詳細はこちら
家づくりについて

あなたらしい自慢したくなる我が家にするにはどうしたらいいのか。そのためにはどんな土地を取得できるといいのか。そして住んだ後のアフター保証についてお伝えします

詳細はこちら
家づくりの流れ

お客様の要望をしっかりと形にするのが私たちプロの建築家が行うべきことだと考えております。 お客様の「したい」をぜひ有限会社コバヤシホームにお聞かせください。ヒアリングさせていただいた内容をプロの目線からアドバイスさせていただきます。 まずは、家づくりのご相談からスタートです。

詳細はこちら
家づくりへの想い

今までに200組を超えるご家族の家づくりをお手伝いさせていただきました。その経験をもとに、ご家族ごとに違う家づくりを、ひとつひとつ丁寧にお手伝いさせていただくことが私の使命だと考えています。お客様の願い、建築家の情熱、職人の技術をとことん引き出してオンリーワンの家づくりを目指していきます。

詳細はこちら

「パッシブデザイン」とは?

機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。
自然の光や風を上手に活用し、室内を冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。
コバヤシホームについて、パッシブデザインについての無料の資料請求も行っております。
建物そのものが快適性を生み出す設計。それが「パッシブデザイン」です。

パッシブデザインについてもっと詳しく

快適な住まいになる

「冬暖かい・夏涼しい・風が通る・自然の光で明るい」
パッシブデザインをしっかり考えると、これらのすべてが高いレベルで実現されます。
こうした「快適な家」になれば、1年を通じて”我慢”から解放され、ストレスなく過ごせるようになります。
これまで建てられてきた家や、いま新築している家を「パッシブデザイン」という視点で分析してみると、どこかに不十分なところがある家がほとんどです。
そうなると「冬暖かい・夏涼しい・風が通る・自然の光で明るい」のどこかに不十分な状況が生まれます。
パッシブデザインを深く知り、具体的な設計として取り入れることで、高いレベルの快適性が実現されます。

健康な住まいになる

残念ながらまだ情報が少なく、知っている人は多くないのですが、実は室内の温度は「健康」に大きな影響を与えます。
入浴中に心臓疾患や脳疾患で年間2万人もの人が亡くなっていることや、アレルギー疾患などの様々な疾病は「冬の室内の温度」に深く関わっています。
また、熱中症が「夏暑い家」で起きていることも室内温度が原因です。
パッシブデザインは「冬暖かく・夏涼しく」を目指すことで、冬の室温を上昇させ夏の室温を低下させます。
そうなることで快適性が高いだけでなく、健康な住まいが実現されます。

光熱費がかからない住まいになる

パッシブデザインは建物のあり方(建物自体の設計)に工夫することで、「冬暖かく・夏涼しく・風が通る、明るく」を実現しようとします。
別の見方をすれば暖房機器・冷房機器・照明機器の使用量を最小限にする建物を目指すことになります。そうなれば、当然ながら光熱費は少なくなっていきます。
パッシブデザインをしっかり考え、給湯設備や換気扇などを省エネ型にすることで大幅な光熱費削減につながり、太陽光発電をつけなくても平均的な住まいの半分程度の光熱費にすることも可能です。
さらに太陽光発電をつければ、光熱費がゼロ以下になる住まいになります。
たくさんの太陽光発電をつけた光熱費が少ない住まいと、パッシブデザインを基本とした光熱費が少ない住まいとの違いは、言うまでもなく「快適と健康」のレベルの違いです。

MORE

お客様の声

MORE

BLOG

MORE

施工事例

MORE