昨日は豊田市で私たちが所属している社団法人forward to 1985 energy lifeの地域活動カムハウスラボ中部ネットワークの勉強会に参加してきました。この会は2ヶ月に一度住まいの環境を少ないエネルギーで快適な環境にするにはどうすれべいいのかという、言ってみれば真剣に家づくりをしている工務店さんの集まりですね。

岡崎の原田建築さではオーナー様宅におじゃまさせていただき、現在の住まい心地や住まい方で特にこの時期注意していることなどをお聞かせいただき、我々が提案する住まい方をしっかりと実践されていて素晴らしかったです。
もちろん建物の性能も申し分なくUA値 0.46W/m2KとG2レベルを達成されていました。

そして、豊田に移動し梅村工務店さんの今週末OPENHOUSEのお宅を見せていただきました。
景色を活かした設計がすばらしく、勉強になる建物の細かな納め方も学ぶことができました。
もちろん室内環境に関してはしっかりと温熱環境が計算されており、さらにパッシブエアコンが入っていることで全館空調で1階も2階も快適な室温に保たれていました。

1番のお気に入りはこの借景ですかね!!
参加した皆さんが惚れ惚れした贅沢な空間でした。

こんな感じの障子の納め方を今度蒲郡市「竹谷の家」で行う予定です。
素敵でした。

最後はいつも材料を入れていただいている岡崎製材さんの事務所をお借りして、2社の実測データ分析を参加者全員で共有し、リビングの温湿度や隣接洗面脱衣室との温度差の関係性についても暑いディスカッションが行われました。
そして忘れてはならないのが、そんな快適な環境にするためにどのくらいのエネルギー消費をしているのかというところも大切です。

ただ、現実的にはここまでやっても私たちがパッシブデザインを積極的に活用してこの地域のエネルギー消費の1/2にするというのは、なかなか難しさがありますが、みんなそこに向かって日々真剣に考えていることが改めて感じることができました。

皆さまお疲れ様でした。