パッシブデザインを根拠に基づいて家づくりに取り入れることこそ地元の工務店が積極的にやるべきだ!!
と私の師匠 野池氏の言葉です。
良い家づくりとは何か・・・
住まれるオーナー様により快適な室内環境とは何か・・・

そんなことを経験と勘だけに頼らないで「エビデンス(根拠)」を取り込みデザインする。しかも極力機械に頼らず快適性を年間を通じて確保することが大切であると改めて感じています。

この5年で建物のデザインはよりパッシブデザインを積極的に取り入れることを意識したデザインになっています。
建物自身が快適性を生んでくるほど心強いことはないと強く感じます。

断熱性は言うまでもなく必要!!気密性も本当に大切!!

日射取得が次に重要なんです。日本のエネルギー消費の多くは冬場に集中します。であれば日本の家はまずは冬を中心に考える必要があります。窓から入ってくる太陽熱をいかに室内に取り込むことができるか、しかもそれを蓄熱する機能が備わっているか?取り込んだ熱が断熱性が悪いとすぐに室温は下がってしまいます。

そこで重要なのが3番目日射熱利用暖房です。
取得した熱を蓄熱性の高いコンクリートなどに蓄えることで急激な室温変化を防いでくれる役割があります。
KOZEN-STYLEでは積極的にこの方法を取り入れています。

つぎは夏を考えて日射遮蔽が重要です。
このとき、外部空間とのつながりを大切にしてください。せっかく庭を作っても窓外ですぐにすだれやシェードでは開放感に欠けてしまうし、内と外のつながりがなくなってしまいますよね。この辺りはしっかりと計画性が必要な部分であると思います。

そのほかに自然風利用や昼光利用があります。

すべてをバランス良くデザインすることが本質的なパッシブデザインだと感じています。

6年目もしっかりと正しいパッシブデザインをオーナー様にお伝えし、オーナー様の住まいづくりに取り入れることを誓います!!!!