私たち工務店が家づくり(新築、リフォーム)の際に考える基本性能とは何なのか。パッシブデザインの力に魅せられ、早いもので2年が経ちました。
最近強く思うことはパッシブデザインは家づくりにおいてベースになるもの・・・つまり基本性能であるということ!!
決して特別なものはなく、特殊なことでもなんでもない・・・

すべての家づくりに取り入れるべきこと!!

結果、無理をせずに快適で省エネを実現できるんだということ。

間取り・動線、使いやすさなどは生活性能です。
パッシブデザインは生活性能にも影響を与えますが、家づくりにおいて最も重要な基本性能の役割も大きいです。

耐震性と合わせて、快適性という基本性能をしっかりと高めていきたいですね。
IMG_6441
ということで、先日も師匠であるパッシブデザイン協議会理事の野池氏の勉強会に参加してきました。
今回は他社さんの取り組みなど聞くことができ、非常に参考になる勉強会でした。
全国にパッシブデザインを広めたい熱い仲間たちが増えています。

KOZEN-STYLEも負けてられませんから、しっかりとオーナー様に基本性能をお伝えできるよう取り組んでいきます。

家づくりに必要な基本性能をくわしく知りたい方はこちら