蒲郡市「豊岡の家」

と黒と木で外観をデザインし、それぞれ白は漆喰、黒はガルバリウム、木はレッドシダーウッドを採用。
なにより目の引くのがレッドシダーでデザインしたゲート式のバーティカルウィンドキャッチャー。建物のワイド感を強調した上に正面から吹いてきた風を斜めになった軒がしっかりと受け止めてくれることにより室内まで風を心地よく届けてくれる。2階にも囲い庇を採用しデザイン性と機能性を持たせている。

インテリアはデザインコンクリートをテレビ背面に設置し、プラスαキッチン対面にもデザインしている。
その横には対面収納をデザインしたことでお子様の絵本などが片付けやすいし、お子様ご自身で取り出しやすい設計となっている。

リビングの一角には仕切りすぎない書斎も完備。ご家族を感じながら書斎で仕事や趣味を楽しむことができるようになっている。

ファミリークローゼットはキッチンからサニタリーに入る動線上に設けることで家事の負担を軽減するデザインとなっている。