現在、平屋が本当に人気を集めています。
アパート住まいを経験された方、ご年配の方と年齢を問わずワンフロアで生活する便利さが広がっています。

今回、犬山市にKOZEN-STYLEがあると蒲郡とは離れた地で新たね家づくりが始まろうと、ではなく始まっています。
オーナー様は現在建築地内の鉄骨造の家に住んでおり、冬は寒く夏は暑い、水回りが不便という悩みを抱えています。
そして一緒に住まれるおばあさまは同敷地内の築100年以上の立派な木造建てに住まれています。オーナー様の悩みに加え、昔ながらの家づくりのため、大きな段差もおおく、さらに家が大きすぎて生活がしづらいと悩みを抱えられておられます。

そんなご要望を解決すべく動き始めた「犬山の家」プロジェクト。

昨年の夏あたりから本格的なお話が進んできました。
そしてこのGWに解体安全祈願のお祓いをさせていただき、いよいよ今月末より工事のスタートを切ります。

亡くなられたおじいさまの造られたお庭を見つめるおばあさま、お孫さんのオーナー様。
素敵な後ろ姿でしたからぱちり!!

写真 2018-05-04 11 55 45
いろいろな思い出が詰まったおうちを解体させていただくのは心苦しい部分もありますが、新しい家への期待も大きいです。

しっかりと工事を進めさせていただきます。
O様よろしくお願いします。